アマチュアキックボクシング J-GROWオフィシャルサイト

大会結果

ルール

勝敗の決定

ノックアウト(KO)
ノックダウン後3カウント以内にファイティングポーズを取らない場合はKO負けとなる。
ひとつのラウンド中2回のノックダウンがあった場合KO 負けとなる。
※一方的に攻撃を加えられた場合スタンディングダウンとする。
※ダウンを奪った選手はニュートラルコーナーに行くものとする。
テクニカルノックアウト(TKO)
試合続行が不可能であるとレフリー(又はドクター)が判断した場合。
過度の出血があり、また出血が止まらない場合。
セコンドがタオルを投入した場合。
判定
判定の場合は3人のジャッジの採点集計によるものとする。
採点は10点法で、試合終了後にジャッジが判定の結果(勝者)を旗で表示する。
ジャッジ3名の内2票以上を獲得した選手の勝ちとする。
※1票のみ獲得の場合は引き分け(ドロー)とする。
テクニカル判定
偶発的な事故、或いはダメージにより一方または双方の選手の試合続行が不可能な場合、そのラウンドを含めた採点の結果、ジャッジ3名の内2票以上を獲得した選手の勝ちとする。
反則失格
倒れた相手に対する故意による攻撃。(試合の流れの中で対戦相手に偶然当たった場合以外の攻撃。)
首相撲からの崩しではなく明らかに腰を入れた投げ技。
その他悪質な反則攻撃とレフリーがみなした場合は即反則負けとなる。
反則行為により対戦相手が試合続行不可能な場合は反則負けとなる。
※反則負けの選手は1年間の出場停止となる。

反則行為(ファウル)

男子Aリーグ禁止技
肘打ち、バッティング(頭突き)、オープンブロー、金的・下腹部への攻撃(ローブロー)、顔面・及び頭部へのヒザ蹴り、故意による投げ技・タックル・サバ折り、噛み付き、目潰し(サミング)、後頭部への攻撃、相手の手足を掴んでの攻撃、ロープを掴んでの攻撃、ブレイク後レフリーが試合続行を命じる前の攻撃、倒れた相手に対する攻撃、自発的なクリンチ(タックル含)。
※男子Aリーグ のみ首相撲でのヒザ蹴り(ボディ)は有効。
※相手の足を掴んだままでの攻撃は反則となる。瞬間的な掴み(キャッチング)自体は可能だが必ず相手の足を離してから攻撃する事。1秒以上の手足の掴みは自発的なクリンチとみなし反則となる。
男子Bリーグ・Cリーグ禁止技
上記に加え、首相撲や相手の首に対して片手による引っ掛ける行為、バックスピンキック・胴回し回転蹴り・バックブロー等回転系の打撃技。
女子リーグ〔A・Bリーグ〕
上記(男子A・B・Cリーグ全ての禁止技)に加え、相手を押す行為。

反則について

反則を犯したキックボクサーに対し、まずは口頭で注意を促すが、以降は次の通り減点、反則負けを宣告する。

1回目 注意(イエローカード)
2回目 減点(レッドカード)
3回目 減点(レッドカード)
4回目 反則減点が累積3点となれば自動的に失格、反則負けを宣する。

※但し、重度の反則を犯した場合、レフリーは宣告順位を越えて減点、または失格・反則負けを宣告できる。
※ラウンドがまたがる場合反則減点が累積3点となれば反則負けとなる。
※故意ではないローブロー・バッティング等も注意・減点の対象となる。
※自発的なクリンチや消極的な試合態度をした場合、またセコンドがスポーツマンシップに反するような応援(著しく選手を中傷するような応援やヤジ等)をした場合も注意・減点の対象となる。

試合形態/試合時間

ワンマッチルール ※各インターバルは30秒(延長戦は無し)
・男子Aリーグ【ヘッドギア無】ラウンド:2分×2R
・男子Bリーグ【ヘッドギア有】ラウンド:1分30秒×2R
・男子Cリーグ【ヘッドギア有】ラウンド:1分×2R
・女子Aリーグ【ヘッドギア無】ラウンド:1分30秒×2R
・女子Bリーグ【ヘッドギア有】ラウンド:1分×2R

トーナメントルール

トーナメントの分数とラウンドは以下の通りで、本戦で引き分けの場合、延長戦を1分1Rで行い、マストシステム(必ずどちらかの選手に優劣を付け勝敗を決する)の判定で勝敗を決するものとする。
①男子Aリーグ 3分1R(延長1分)
②男子Bリーグ 2分1R(延長1分)
③女子Aリーグ 2分1R(延長1分)
④女子Bリーグ 1分30秒1R(延長1分)
※故意ではないバッティング・ローブロー等による負傷で試合続行不可能な選手が出た場合は、主催者側の判断で試合続行可能な選手が次のトーナメント試合に進出となる。

体重制

【男子】A~Cリーグ7階級
バンタム級-53kg、フェザー級-58kg、ライト級-62kg、ウエルター級-67kg、
ミドル級-73kg、ライトヘビー級-80kg、ヘビー級+80kg
【女子】A・Bリーグ7階級
-46kg級、-48kg級、-51kg級、-54kg級、-57kg級、-61kg級、+61kg級

計量

事前に申込書に申告した階級の体重をオーバーした選手は失格とする。
※計量後、第一試合開始10分前までに申告体重まで落とさない場合は失格となる。
※但しワンマッチの場合にのみ相手選手の了解を得る事が出来れば、クローブハンデでの試合を認める。
※トーナメント出場選手は計量をパスしなければ全て失格とする。

出場規定

健康状態の良好な満13歳以上の男女。
J-NETWORK認定3級以上をお持ちの方、またはジム代表者の許可(署名)が必要。
(J-NETWORK会員以外の方も出場可能。)
プロ試合経験のない方。

服装

男子は上半身裸体で、試合に妨げのないキックパンツ・スパッツ等を着用。
女子は試合に妨げのないTシャツ・ラッシュガード等とキックパンツ・スパッツ等を着用。
ファスナー等の金属やポケットが付いている物は不可。
女子選手はTシャツ等をトランクスの中に入れるものとする。
タイオイルの使用は不可。
指輪やネックレス・ピアス・ヘアピンなどの貴金属類の着用は不可。
足の爪は短く切っておく事とする。
コンタクトレンズが外れた事による試合一時中断は認めないものとする。

防具

①ヘッドギア、②スネあて、③ヒザあて、④グローブ
⑤ファールカップ(男子)・アブスメントガード(女子)⑥マウスピース
※男女Aリーグのみヘッドギア無し
①②③④は主催者が用意。
⑤⑥は各選手個人が用意するものとする。
※⑤⑥を用意していない選手は失格となる。
※ヘッドギア・ファールカップは試合の妨げにならないよう固く装着するものとする。
※バンテージを巻く事は可能とするが、テーピング・包帯以外の異物を詰め込んではならない。
※サポーター・テーピング類は試合の支障のないクッション・金属・プラスティック等入っていない物のみ装着可能とする。
※男女A~Cリーグは16ozグローブ、男女Dリーグ・マスターDリーグはパンチンググローブを使用する。

組み合わせ規定

各階級別・各リーグ別に組み合わせをする。基本的に各クラスとも応募クラスにある階級で行う。但し、募集体重の少ないクラスの選手は階級を越えての組み合わせも有りうる。この場合、事前に両選手に打診し、両者の合意が取れた時点で組み合わせ成立とする。
また、公正な試合組み合わせを行う為、キャリア・体重・年齢等の条件が合わない場合には、対戦カードが組めなくなる事もある。対戦条件が合わず試合が組まれなかった時、また試合当日病気・怪我等で対戦相手が欠場し試合が行われない時、いずれの場合も参加費は全額返金するものとする。(それ以外の返金は不可。)

セコンド

セコンドの人数は1人以上3人までとする。
試合前、またラウンド間の休憩中にリング内に入るのはチーフセコンド1名のみとする。
試合中、リングマットを叩いて応援する事やリング内に入ったり、セコンドスペースから出てアドバイスする事、また双方の選手の身体に触れる事、立って応援する事を禁ずる。
選手の応援でスポーツマンシップに反するような応援(著しく相手選手を中傷するような応援やヤジ等)をした場合、選手の反則(ペナルティ)となり、また当事者の退場となる。

J-GROW アマチュア大会事務局
〒150-0043東京都渋谷区道玄坂1-15-3 プリメーラ道玄坂619号
Tel03-5784-0544 Fax03-3461-6899
担当 喜入、立澤

PAGE TOP